ブログ

苔庭管理

先日休みの日に行った、福島県土湯温泉近く。
天気にも恵まれ、いい休日でした。

今日は、苔庭の年間管理させていただいてる七ヶ浜の割烹料理屋さんへ。
冬でだいぶ茶色くなっていた苔たちも新芽をたくさんだしてきました。
ますはスナゴケ。
日光に強いと言われるスナゴケですが、直射日光よりこのような簾があったほうが状態は格段にあがります。
ちなみにスナゴケは、テラリウムだと上級者向きです。

続いて、ホソバオキバゴケ。

乾燥にも強く、優秀なコケ。
似たようなコケがたくさんあるので、よく「庭で採ってきたコケでテラリウム作ったら腐った」といわれると大半がこの苔ですかね。

スギゴケ。
新芽が最高にきれいでした!
よく伸びすぎてしまって格好悪くなるのが常。

ちょっと違う場所のスナゴケ。

苔界のアイドル、タマゴケ。

シノブゴケ

ハイゴケ

手前ハイゴケ、奥シノブゴケ。
石にもうまくくっついてくれました。

ヒノキゴケ
これだけあまり状態がよくない。
新芽はでてはいるけども。

コウヤノマンネングサ

着々と新芽たちが!
ここだけ土をちょっと変えてます。

タチゴケ
鮮やかな緑色

カモジゴケ
テラリウムに使いたいコケの一つではあるのですが
環境の変化に弱いのかすぐ茶色くなってしまいます。

ツヤゴケ

他にも、コツボゴケ、ホソウリゴケ等々植えてあります。

引きの写真たち

この濃淡の違いが苔の魅力の一つでもあるのかな。

ここに映ってるのだけでも5種類のコケたちが!



苔庭のコケたちも植えたら終わりではなく、定期的なメンテナンスが必要です。
京都の有名な苔庭もたくさんの時間をかけて、手入れ等をしています。

企業さん、店舗さんのほかにも
ご自宅に小さい苔庭、もしくは苔を植えたいという方
アドバイスだけでも行っております。
ぜひ一度お問い合わせください。

関連記事

ページ上部へ戻る